助成金と補助金の違い

 

事業経営に直結する助成金等(補助金も含む)は、厚生労働省系の助成金(雇用、研修、評価、育児・介護制度等)と、経済産業省をはじめとした各省庁・都道府県系の補助金(経営、新商品・研究等)に大別されます。助成金と補助金の違いについて解説させて頂きます。

助成金と補助金の違い

関連省庁等 厚生労働省系 経済産業省や外郭団体など
対象 採用・研修・労務管理等 新技術・新商品・新サービス
受付時期 年度ごと通年(予算あり) 公募受付(期間短期)

厚生労働省系の助成金に関しては、労働環境の整備を目的として、取り組みを行った際に助成されるものです。そのため、上記のような「採用」、「研修」、「労務管理」などが対象となります。

 

また経済産業省系などの補助金に関しては、「新技術・新商品・新サービス事業に必要な設備投資費」などといった設備投資について補助されるもののことを言います。

 

当事務所では、厚生労働省系の助成金についての申請実績が多数ございます。労働環境の整備について取り組みを行っていきたいと思われた方は是非一度、当事務所までお問い合わせを頂けますと幸いです。